仏壇処分実績についてお伝えさせていただきます。 | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2020.08.12すべて

仏壇処分実績についてお伝えさせていただきます。

本日は奈良県生駒市にお住いの方よりお問い合わせをいただいており、お仏壇の処分、回収をさせていただくためにお昼過ぎの時間にお伺いさせていただきました。

今回ご依頼いただいたあお客様宅に到着し、お話をお伺いさせていただきましたらお仏壇は近くの別の場所にあるということでご案内させていただきました。

以前にお伺いさせていた方は少し山道を登ったところに安置されており、同じ状況かと思いながら後をつけていきますと別の表札のかかったお家にご案内していただきそのお家の一回の居間に立派なお仏壇が置かれておりました。

どうやら旧姓の自宅に保管されておられたようで、今後は息子様たちでお住まいされるようで買い替えをされるにあたり処分をされることを決意されたようです。

当初は長年お付き合いされておられたお寺様で魂抜き、閉眼供養をされてただの木製の箱にしたのちにご自分たちで最後を見届けるという意味でも処分を検討されたようですが、今回のお仏壇もそうでしたが物によっては木像ではありますがかなりの重量物となります。

重さだけでなく、大きさも大きければ大きいほど運び出しがしにくくなります。

一人で抱え込む形ですと足元が見えずに何かに躓くこともありますし、そうなると持ち運びが出来るか以前の問題でしょう。

そう言った事情がおありで当社にご連絡をいただいた運びとなったようでした。

私たちは数あるお仏壇を多くの方よりご依頼をいただきお運び、回収、処分などを行ってきましたのでお仏壇の持ち方、運び方、どう運ぶかなどがわかっておりますので、いつもの感じでお運びさせていただきましたがその様子がお客様からは驚きの様子でして、お褒めと驚きのお言葉を数回いただけました。

といいますのも私たちはお伺い前にサイズの特定をさせていただき、