仏壇処分に関する事なら大阪拠点の仏壇供養の一休にお任せください。 | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2020.05.09お知らせ

仏壇処分に関する事なら大阪拠点の仏壇供養の一休にお任せください。

こんばんは、ゴールデンウィークの終わりとともに世の中も新たな動き、いつもの日常に戻りつつあると感じております。

本日は2件のお問い合わせをいただき、お二方ともに仏壇処分に関するお問い合わせ、大阪在住の方でたまたま時間と移動距離も近かくてお話をお伺いさせていただきました。

まず、お客様から仏壇処分の適正な方法、今後のことなどご質問いただきご説明させていただきました。

仏壇処分における絶対的なルールとしましては処分する前には供養をしてあげる。

が肝心なところにはなり、他にも過去帳や位牌、遺影はどうすればいいか。などの疑問もある方もおられます。

これに関しては正解は無いのですがお勧めは負担にならない範囲で結構ですので過去帳や位牌など小物系、名前が明記されているものは残された方がよいと思います。

元々仏壇の処分を考えられる理由の一つとして保管スペースの問題があり、スペースを取らないものになりますしもし名前やお顔を忘れてしまった時の助け舟になります。

思いつきやその時の感情優先で動いたりするのは控えておかれた方がいいでしょう。

もしお悩みで先に進めずにおられる方などはお気軽にご連絡をいただけたらと思います。

当社の電話口のスタッフもお客様に好評ですのではじめての方でもご安心いただけると思います。