これからの供養について 仏壇供養の一休より | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2019.11.28日常の出来事

これからの供養について 仏壇供養の一休より

ご無沙汰しております。

仏壇供養の一休でございます。

本日はこれからの供養の方法の一つとなる「デジタル供養」について一緒に考えてみましょう。

私がこの言葉を耳や目ににしたのは先日ニュースをテレビで拝見したことによります。

初めて聞いた時は全くなんの事がさっぱりわからない言葉でして、次の情報を耳にするまでなんの事を表して、どのような供養方法なのだろう?モニターやテレビを通じてテレビ電話のような形式で供養をするのかな?などと全く検討違いの想像、妄想に駆られてしまっておりました。

その後すぐに私の考えは間違っていたとすぐに気がつくのですが、パソコンが主流になる前、一昔前までは思い出は大抵の方がお写真として残されていたと思います。

しかしながら近年、今の時代はUSBやメモリースティックといった大人の指一本分の大きさの機器に保存する様になりました。

DVDなどに保存される方もいらっしゃると思います。

デジタル供養とはこのような機器に収められた情報、思い出に対する供養との事でした。

とはいえ、まだまだ聴き慣れない言葉ですので主流になるのはこれから先のお話だと思います。

何かのきっかけで一気に主流になる可能性もありますが、、、

持ち運びもしやすく他の方にもすぐに提供が出来ますので便利は便利ですよね。

ただ機器が小さいために保管をしっかりとしないとすぐになくしてしまったり、頑丈な物ではないので壊れやすくもあると思います。

賛否両論あることにはなると思いますが、どの方法でも使い方次第で便利にも不便にもなります。

もしこちらのブログでご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら一度パソコンなどで調べられると良いと思います。

昔の風習も大事ですがそれのみにしがみついても前には進めません。

また新たな情報が入りましたらご紹介をさせていただきたいと思います。

仏壇供養の一休でした