〜長野県佐久市の皆さま〜お仏壇に供える線香の手順とは? | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休堂】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2022.10.14すべて

〜長野県佐久市の皆さま〜お仏壇に供える線香の手順とは?

お仏壇に供える線香の手順をはっきり答えられる方は、意外にも多くいません。

弔問先で線香の手順を知らなかったら、恥をかいてしまうでしょう。

そこで本記事では、お仏壇に供える線香の手順を説明します。

弔問先でマナーを知らずに、恥をかかないよう参考にしてみてください。

 

お線香をあげる理由は?

お線香をあげる主な理由は、以下の3つです。

・仏様の食べ物は香りであるため

・ご自身を清めるため

・仏様との架け橋になるため

 

まずは、なぜお線香をあげるのか理解しましょう。

 

仏様の食べ物は香りであるため

仏教での教えでは、仏様の食べ物がお線香の香りとされています。

宗教や地域によって異なりますが、お線香を絶やさないのは、お線香の香りが仏様の食べ物であるためです。

故人様の好きな香りのお線香を立ててあげると、より喜んでくれるでしょう。

 

ご自身を清めるため

お線香の香りの意味には、「お線香をあげる方の身を清める」が含まれています。

仏様への食べ物だけなく、自分自身の身を清める大切な供養です。

 

仏様との架け橋になるため

お線香が、仏様と私たちとの架け橋となります。

お線香を通じて、仏様との思い出話をするのも良いでしょう。

 

お線香をお仏壇にあげるときの手順

お線香をお仏壇にあげるときの手順は、以下のとおりです。

 

1.左手に数珠を持つ

2.お仏壇に礼をする前に、ご遺族に一礼

3.お仏壇の前に座って一礼後、手を合わせる

4.お線香をまとめて持って、火をつける

5.お線香に火がつき、煙が出ていたら香炉に立てるか寝かせる

6.「おりん」を鳴らしてから、手を合わせる(浄土真宗本願派は「おりん」を鳴らしません)

7.遺影に一礼をして、もう一度ご遺族に一礼

 

あくまでも、一般的なお線香をあげる手順です。

地域や宗派によって、若干異なる部分があるため、必ず確認しておきましょう。

 

お線香をあげるときの注意点

お線香をお仏壇に1本立てるときは、香炉の真ん中に立てます。

しかし複数人であげるときは、香炉の空いているところにお線香を立てましょう。

 

また、お線香を2本あげるときは、間を空けても、くっつけて立てても大丈夫です。

しかし、複数人でお線香をあげるときは、邪魔にならないよう2本くっつけて立てます。

お線香に火をつけるときは、ろうそくを使い、逆の手であおいで火を消しましょう。

 

まとめ

お線香をあげる手順は、地域や宗派によって少し異なります。

周囲の人のふるまいも参考にして、お線香をあげましょう。