【静岡県】遺品整理プランと仏壇供養・処分プランをご利用いただきました | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2022.09.11すべて

【静岡県】遺品整理プランと仏壇供養・処分プランをご利用いただきました

お世話になっております。仏壇供養の一休です。

 

本日は静岡市にお住いのお客様よりご依頼を受け、生前整理における仏壇の供養と回収、遺品整理の回収の業務を行わせていただきました。

 

本日のお客様は突然来た遺品整理のタイミングでどのように仏壇をはじめとした遺品整理を行っていったらよいのかわからず我々までお問い合わせいただいた経緯がありました。

 

今回の記事では遺品整理に伴う仏壇供養のタイミングについてと我々仏壇供養の一休が提供させていただいている『遺品整理サービス』についてご紹介します。

本日のお客様とサービス内容

<本日のサービス内容>

 

遺品整理プラン(1LDK):138,000円

仏壇供養と処分:41,800円

 

本日ご利用のお客様は静岡市に住む40代の独身男性です。

 

4月にご両親を亡くされ、ご実家が空き家になるため現在遺品整理を実施されている状態です。

 

遺品整理の中で仏壇供養はもちろん、我々が遺品整理の専門プランもご用意していることを知り、同じタイミングでご依頼をいただいた運びとなります。

 

遺品整理と仏壇処分について

本日ご利用頂いたお客様と同様に仏壇処分や遺品整理についての知識が全くないという方は多いかと思います。

 

どちらも一生に一回あるかないかという貴重な機会のため、特に知識を持っていないということは全くおかしいことではありません。

 

ここからは遺品整理について簡単に解説させて頂くと共に遺品整理の中でも困りごととなりやすい仏壇の処分について詳しく解説させて頂きます。

遺品整理で重要なポイント

遺品整理という言葉をご存知の方は多くいらっしゃると思いますが本当の意味での遺品整理は

『ご遺族の遺品をただ単に片付ける処分』するということだけではなく

 

『必要なものや価値のあるもの思い出に残っているものを形見分けする』

 

などの仕分けが非常に重要となってきます。

 

具体的には下記のような仕訳の方法を心がけましょう

 

形見分けするものを探す

形見分けとは故人の遺品を親しい人で分け合うことということです。

 

形見分けを行うこと自体は個人の自由となりますが、やはり思い出のある品など少しだけ形見となるものを取っておきたいという方は多くいらっしゃいます。

 

注意点として形見とするものの中で資産的価値のあるものは相続にあたるということだけは認識しておきましょう。

貴重品を探す

我々も遺品整理をさせて頂いている中で色々と経験いたしますが、遺品整理中に金属やお金などの貴重品が出てくることは決して珍しいことではありません。

 

また貴金属以外にも印鑑や年金手帳通帳、保険関係の書類、不動産関係の書類なども貴重品にあたります。

 

このような書類は後々相続の時や手続き債務の把握の場合に必要になりますので必ず一つにまとめて取っておきましょう。

売却できるものを探す

遺品整理を業者に任せた場合もそうですが、遺品整理には必要な道具を揃えたり、車両を借りたりなど費用が必ずかかってきます。

 

これらの費用を充填するという意味でも売却ができるようなものは分けて取っておくようにしましょう。

 

それぞれ専門店などに販売をするのが最も理想的ではありますが、最近では総合型のリサイクルショップなども多くありますのでそちらに持ち込んで少しでも遺品整理代の補填としていきましょう。

捨てるか迷うものを探す

次に行うのが捨てるか迷う物を探すということです。

 

遺品整理の中では「これ本当に捨てていいのかな」というようなものがたくさん出てきます。

 

これらを一つ一つ考えていると遺品整理にかなり時間がかかってしまいます。

捨てるかどうか迷った場合はその専門ゾーンを作っておき、そちらに仕分けしておくようにしましょう。

 

ただし何でもかんでも迷うもので分けてしまうと、結局遺品整理が終わらなくなってしまいますのでできるだけ使わないであろうものは捨てるものとして仕分けするようにしましょう。

捨てるものを探す

上記以外の遺品は全て捨てるものとなります。

 

ひとまとめにし、小さなものはすぐに処分、大きなものはすぐに粗大ごみなどの手続きを取りましょう。

 

粗大ごみに関しては、かなり量が多くなると人手が足りなくなったり日時を分けたりしないといけなくなってしまいます。

 

粗大ごみの処分全体にかかる時間などを考えると、業者に初めから依頼してひとまとめに処分してもらう方がお得な場合もありますので事前にどのような方法で処分を行うのかについて家族間で話し合っておきましょう。

仏壇処分の注意点

遺品整理の中でも他の家財道具と比べて特に異質なものといえば仏壇です。

 

仏壇はご先祖様の魂が宿る神聖な家、寺院のようなものと考えられています。

 

そのため処分を行うにはまず仏壇の中から魂を抜き出し仏壇を一般の家具と同様の状態にしてしまうということが重要となります。

 

この魂を抜き取り供養を行うことを『魂入れ・閉眼供養・お性根抜き』などと呼び一般的には檀家さんや宗派のお坊さんにお経をあげていただきながら行います。

 

他の家財道具はこのようなご供養を行う必要がないため極端に言ってしまえば遺品整理の際にすぐに捨ててしまうことができるのですが、こと仏壇に関してはご供養があるため、お一人で行う場合は通常よりも長い期間かかってしまうものです。

 

遺品整理をされるタイミングというのは日程をある程度決めた上で行うことが多いため、このように処分までに時間がかかるものは悩みのタネとなります。

 

これらの仏壇供養の方法は下記にて解説させていただきます。

仏壇処分の方法(ご供養編)

まず魂抜きはご自身で行うことができません。

 

そのためお一人で行う場合は檀家さんや近隣の寺院に依頼を行い魂抜きを行う必要がございます。

 

また檀家さんやご自身の家の宗派がわからないと言った場合は我々のような仏壇供養の専門業者やお坊さんの手続き代行サービスを使うこととなります。

ここで意識していただきたいのがお坊さんが実際にご供養をご自宅まで来て行なっていただくことができる期間です。

 

一般的にはご自身で行う場合、ご供養の完了までは1週間から2週間の期間がかかってきます。

 

お坊さんも色々なお家に毎日のように法要に出回っているため、特に希望が集まりやすい土日などを選んだ際はさらに期間がかかる可能性もございます。

 

一方、お坊さんの代行サービスを利用された場合は優先的に希望されている日に空いているお坊さんに依頼をかけますのでご自身で行う場合よりは早く済む可能性が高いといえます。

 

その他の違いとしましてはご自身で行う場合も業者に依頼して行う場合もお坊さんにはご供養をしていただいた感謝の気持ちとしてお布施をお渡します。

 

一般的にお布施の相場は3万円から5万円+お車代(5千円~1万円)という風にされておりますが、仏壇の回収処分業者を使った場合はお布施だけではなく仏壇の回収と処分代まで料金に含まれることが多いため結果少し割高になる傾向がございます。

 

大きな違いはこの二つとなりますのでまずは仏壇の供養をどこに依頼するのかをご家族で相談し決定してください。

仏壇処分の方法(処分編)

仏壇の魂抜きが終わったらいよいよ処分を行います。

 

処分につきましても様々な方法があります。

代表的な方法としては仏壇の供養と同じくご自身で行う方法と業者に依頼する方法がございます。

ご自身で行う場合(粗大ごみ)

ご自身でご供養の手続きを行った後、インターネット等で粗大ごみの申し込みをする方法です。

 

仏壇は魂抜きが終わっていればただの家具と同じという扱いになりますので粗大ゴミで処分しても何ら問題はございません。

 

特に粗大ごみを集積所に出すことに抵抗がない場合は最も料金が安く済む方法ですから、できるだけ安く済ませたい方にはこちらの方法をお勧めします。

 

ただし粗大ゴミで行う場合デメリットも存在し多くは集積所までご自身で持ち込みが必要となるため運搬の作業が必要となることです。

 

仏壇は非常に重く、また上台や下台や扉など様々なパーツに分かれており、運搬の際にはこれらを分解して運ぶ必要があります。

 

また今回のお客様のように遺品整理の後にアパートを退去されるなどの場合、この仏壇の運搬作業でご自宅に傷をつけてしまい後々退去費用がかかってしまうなどのトラブルにつながりかねないので、必ずご自身で行う際は安全を確保出来る人数を2から3人を準備するようにしてください。

仏壇供養・処分業者を使う

二つ目は我々のような仏壇供養処分業者を使って頂くということです。

 

基本的に仏壇の供養と処分はセットとなっておりますのでご供養の段階を業者に任せているのであればお坊さんのご供養と同時に専門スタッフが仏壇の回収と処分の作業を行ってくれます。

 

つまり今回紹介している三つの方法の中では一番スピーディーに処分までができる方法です。

 

メリットとしてはやはり仏壇の運搬や粗大ごみの申し込みなどの手間が全くかからないというところです。

 

一方、供養費用と合わせて処分費用が粗大ごみに比べてしまうとやはり割高になってしまうということがデメリットとしてありますが、実際の総合的な費用を見てみるとすべてご自身で行う場合とほぼ同じかプラス1~3万円で料金が治まることが多いです(料金の大部分はお坊さんへのお布施であることから二つの方法にそこまで費用の差が出ない)

不用品回収業者を使う

三つめは不用品回収業者を使うパターンです。

 

これはご供養の依頼をご自身で行った場合のケースといえます。

 

こちらも不用品回収業者を使うため比較的スピーディーに処分が完了する手間がかからないということがメリットとなります。

 

しかし、費用面をみるとご自身でお布施をお坊さんに支払った後に不用品回収業者を使うと初めから仏壇の供養と処分をセットで行う業者よりも少し割高になる傾向があります。

 

また期間に関しても仏壇の供養が終わってから改めて不用品回収業者への手続きや見積もりの期間が生じますのでセットで行う場合に比べると少し時間がかかってしまいます。

 

檀家さんとの関係でどうしても供養の依頼先が決まっている場合などは仕方ありませんが初めから仏壇の処分に人員を割くことができない場合は二つ目に紹介した仏壇供養処分業者を使うという方法を取った方が賢明かと思います。

仏壇の供養と処分遺品整理は仏壇供養の一休までご相談を

いかがだったでしょうか。

 

遺品整理とは人が住んでいたご自宅から全てのものを整理するということでかなり時間のかかる作業となります。

 

 書類の仕分けやそこから生じた債務の確認など様々な手続きがつきまとうことでもありますので必ず協力者を得て行うことが必要となります。

 

仏壇供養の一休ではお仏壇の供養と処分はもちろん今回ご利用いただいた遺品整理サービスも行なっております。

 

今回の記事では『遺品整理には仕分けが重要』という風に説明しましたが、我々スタッフも日々遺品整理を行っており丁寧な仕分け作業を心がけております。

 

遺品整理でお悩みの方はぜひ仏壇供養の一休まで一度ご連絡をいただけると幸いです。