【静岡県】仏壇を処分する際、事前に確認しておいた方が良い点について | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休堂】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2022.09.05すべて

【静岡県】仏壇を処分する際、事前に確認しておいた方が良い点について

お世話になっております。仏壇供養の一休です。

 

本日は静岡県にお住まいのお客様よりご依頼をいただき仏壇の供養と処分を行わせていただきました。

 

本日ご依頼いただいたお客様は当初「お仏壇の処分に対しての知識が全くなくどうしたらいいのか」ということについて我々までお問い合わせをいただいた経緯がございます。

 

仏壇自体は身近なものであっても仏壇の処分となるとその方法をご存知ない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

本日はそのような方に向けてお仏壇の処分を行う前に確認することや注意点などについてご紹介していきたいと思います。

 

本日のお客様

<サービス内容>

仏壇供養・処分(81cm):29,700円

仏具引き取り:6,600円

 

本日ご利用頂いたお客様は静岡県にお住まいの50代後半のA様です。

 

先月よりお母様が老人ホームに入居されたとのことで現在お母様がもともと住んでおられたお宅の片付けを行っております。

 

元々は仏壇を通常の処分方法で片付けようとしていたそうですが、ふと検索をすると仏壇は特別な方法で処分する方法があるということを知り我々まで問い合わせをしていただいた経緯となります。

仏壇を処分する際事前に行うべきこと

今回のお客様のように仏壇の継承が難しくなった時にどのような処分方法で行えば良いか迷う方はたくさんいらっしゃいます。

 

基本的に仏壇を処分するという機会は一生に一回あるかないかというところなので普段から仏壇の処分についての話をすることもあまりないかと思います。

 

実は仏壇を処分すること自体はそこまで難しくありません。

 

仏壇がご先祖様が宿る神聖なものであると言う認識で、決まった手順を踏めば処分することは問題はありません。

仏壇の掃除

仏壇の処分を検討した際に最初にお勧めしている行動が仏壇のお掃除です。

 

これには仏壇を綺麗にして最後お別れをする時に清々しい気持ちで行えるようにという意味を込めているのがひとつ、

 

これまで家族を見守ってきてくれたお仏壇に対して感謝の気持ちを表すというような事がひとつ

 

最後に実用的な理由としてお仏壇というのは昔から大切なものをしまっておく場所という認識があり、時にはご先祖様が仏壇の引き出しや扉の裏などに金属やお金、その他重要な書類が仕舞われているケースが多々あります。

 

そういった意味も込めて仏壇の中身というのはあらかじめしっかり確認しておきましょう

仏壇の処分方法の検討

仏壇のお掃除をして中身がないことを確認した後は事前準備として最も大事と我々が考えている処分方法を最初から最後までしっかり検討するという作業を行います。

 

お仏壇の処分が普通の家具よりも大変だと言われている一番の大きな理由は魂抜きという供養を行う必要があるということがあります。

 

このような供養に関してはこの後詳しく説明いたしますが、基本的には供養を行う段階と処分を行う段階の二つの作業が必要となります。

 

お仏壇の供養と処分には必ず費用がかかります。様々な方法が存在していますがご自身で行うのか、あるいは業者にお任せするのかという住み分けを必ず仏壇を処分する前に決めておきましょう。

 

はじめは自分で行うと決意したものの、途中で仏壇の処分がしんどくなって処分だけは業者に依頼したなど方向性がぶれてしまうと費用や期間などに大きな影響を与えます。

 

参考として下記のような条件で処分を行いたい方はお勧めの方法をこちらに記載させていただきます。

仏具の処分方法の検討

仏壇本体の処分方法を検討したらその他の位牌や遺影、掛け軸などの仏具についても処分方法を検討しましょう。

 

上記で説明した位牌については魂抜きが必要となります。

 

その他の仏具については魂抜きの必要性はありません。お仏壇と一緒に処分する方法もありますし、仏具だけ自宅に保管しておくということも可能です。

 

とはいえ遺影などはご先祖様の顔が映っておりゴミとしては処分しにくいものでしょうから、仏具の処分についてはまとめてお渡ししていただくことでお坊さんにお経をあげていただきながら処分を行うお焚き上げというサービスを使うのがおすすめです 。

仏壇の処分方法の3選をご紹介

仏壇を処分する事前準備としてどのような方法で処分するかを家族で話し合うということの重要性は解説してきました。

 

ここからは具体的にお仏壇を処分するためにどのような方法があるのかについて解説していきます。

 

またそれらのメリットとデメリットについても併せて紹介しますので皆様の状態に合わせた方法を選択してください。

①寺院などに引き取ってもらう

一つ目の方法が寺院などに引き取ってもらうという方法です。 

 

この方法をとる場合は基本的に檀家さんに法要を行っていただくというのが条件になります。

 

しかし仏壇の引き取りをそもそも行っていないケースや、普段から定期的な法要などを行っていない場合は拒否されることもありますのでひとまず可能かどうかを問い合わせてみましょう。

②仏壇処分専門の業者、仏具店などに依頼する

二つ目は仏壇処分と供養の専門業者に依頼する方法です。

 

この方法で依頼する場合は上記で説明した供養から処分までの作業を最初から最後まで依頼することが可能です。

 

仏壇処分にかかる手間や時間を削減したいという方には最も向いている方法と言えます。

 

そのぶん若干料金は上がりますが詳しい内容は下記処分費用の相場について改めて説明させていただきます。

 

弊社のような仏壇供養と処分の専門業者以外にもこれに該当するのが仏壇の販売店です。

 

仏壇の販売店に依頼する場合も寺院に依頼するケース同様、その仏壇店で仏壇を購入しているということを条件にしているお店もありますので一度お問い合わせをしていただければと思います。

 

料金相場的にはそこまで変わりはありませんので今回の記事では同じ括りとさせていただきました。

③粗大ごみに出す

三つ目が粗大ゴミに出す方法です。

 

この方法は最も安く処分を行うための方法といえます。ご自身でご供養の手続きをされている場合、料金をできるだけ安くしたいという場合はこの方法で行いましょう。 こちらについても詳しくは下記料金相場について説明させて頂いております

仏壇の処分費用の相場について

仏壇の処分を検討されてる方の中でもっとも多い質問が料金の相場についてです。

 

仏壇供養は他人の力(僧侶や処分業者)を使っているという特性上どうしても料金が発生してしまいます。

 

料金についての考え方は人それぞれあるかと思います皆様がどの方法を取るかという基準は以下の三つを参考にしていただくとわかりやすいかと存じます。

 

  • とにかく安くする方法
  • とにかく早く処分する方法
  • とにかく楽に処分する方法

お布施

仏壇の処分において最もお金がかかるのが魂抜きを行う際にお坊さんに支払う御布施です。

 

お布施の一般的な相場は2万円から5万円程度、平均的な金額は3万円と考えていただいてよろしいかと思います。

 

なぜ相場に開きがあるのかと言いますとお布施はお坊さんにご供養を行っていただいた感謝の気持ちをお伝えするものであり、明確な料金相場のあるものではございません。

 

寺院によっては高額な場合もあればこちらの金銭状況を加味していただきお安くしていただける場合もあります。

 

尚、お布施の金額を直接問い合わせるのはマナーとしてあまり良いことではありません。

 

あくまでお気持ちですのでお坊さん側から『いくらです』という風には答えにくいのです。

 

お布施の相場を聴く際は「他の方はどれくらい包まれていますか」という風に聞けばスムーズに値段を聞き出すことができます。

 

またお布施とは別にご自宅まで訪問される場合は交通費として『お車代』を包むのが一般的です。

 

お車代は近ければ5千円程度、遠ければ1万円程度を包むのが慣習となっております。

 

お車代をお渡しする際はお布施袋とは別にお車代を入れる白い封筒を用意してお渡ししますので注意が必要です。

仏壇仏具専門業者(仏具店等も含む)

今回の記事では仏壇供養から処分を全て引き受けてくれる弊社のような業態を例にあげさせていただきます。

 

仏壇仏具専門業者を通して料金を支払う場合の相場は3万円~6万円程度を相場として考えておくと良いでしょう。

 

これらの料金には上記で説明したお布施も含まれてきます。また仏壇の処分費用もこちらに含まれますが一般的にはご自身で行う場合プラス1~3万円程度で済むことがほとんどです。

 

業者に頼むと料金が高くつくというイメージがありますが、様々な手間を考えるとこれぐらいの価格差しかないという風にも考えられますので皆様の状況に合わせて業者を選択するようにしてください。

粗大ごみの費用

岐阜市で仏壇を粗大ゴミに出す場合の費用は2000円以内で行うことができます。

 

仏壇はパーツに分けて出す必要がありますのでサイズにもよりますがほとんどのものが全て揃えた状態で5000円ほどで処分できるでしょう。

 

尚、岐阜市では粗大ごみの品目として仏壇という品目はございません。

 

大型のものでも最大1650円程度で処分ができますので詳細な料金は粗大ごみ回収センターにお問い合わせください。

 

このように仏壇を粗大ゴミで出せば処分費用としては最も安価で行うことができます。

しかし、仏壇を粗大ごみに出すという行為自体には魂抜きが終わっているものであれば特に何も問題はないのですが、中にはゴミ収集所に仏壇や仏具を持っていくことに対して気が引けるという方もいらっしゃいます。

 

そのような場合は別で回収業者に依頼するカタチになりますが、その場合はすでに支払っている御布施とお車代がありますので回収業者に支払う費用は割高になってしまう傾向がございますので注意が必要です。 

仏壇供養・処分業者の使い方

ここまで仏壇供養と処分の際に事前に確認しておくこと料金相場について解説してきました

料金相場にも記載させていただきましたが、

 

  • 人員が確保できる
  • とにかく安く仏壇を処分したい

 

という形を除けば時間的、料金的に最もバランスの良い方法は最初から最後まで全ての行程をお任せしていただける業者を選ぶということになります。

 

仏壇処分業者を選ぶ際は必ず専門性の高い業者を選ぶようにしてください。

 

専門性とは奥様に対する専門性も当然ながら重い仏壇をご自宅に傷を付けず運び出せる運搬技術なども重要です。

 

電話だけでこのような業者を見分けるというのはとても難しいですが今回紹介したような費用相場から大きくかけ離れているような安価な業者などは十分に注意が必要です。

 

少なくとも業者に電話した時に受付になっている人が今回紹介しているような仏壇の供養と処分の流れをスムーズに説明できるかどうかという点は最低でもチェックしておいた方が良いでしょう。

 

またできるだけ安く済ますために業者は一つでなく複数で相見積もりを取るようにしてください。

 

これをするだけでかなりの節約になる可能性がありますのでおすすめです。 

 

ご不明点は是非『仏壇供養の一休』へ

いかがだったでしょうか。

 

お仏壇供養と処分は文章で見るとそこまで難しい事ではないように見えますが、時間と手間、料金の面で大変な作業です。

 

お仏壇処分と遺品整理は、今回の記事で紹介したように事前準備が最も重要といっても過言ではありません。

 

遺品整理を行う必要のある方は是非参考にしてください。