【北九州市】生前整理における仏壇の供養と処分・不用品回収の依頼をいただきました | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休堂】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2022.09.02すべて

【北九州市】生前整理における仏壇の供養と処分・不用品回収の依頼をいただきました

お世話になっております。

 

仏壇供養の一休です。本日は北九州市にお住いのお客様よりご依頼をいただき生前整理における仏壇の供養と処分、および遺品の引き取りを担当させて頂きました。

 

最近は生前整理に伴い仏壇を処分される方が増えております。

 

今回は生前整理に際しての仏壇の処分方法、また仏壇を処分した後のご供養方法などについて紹介していきます。

生前整理と仏壇供養

冒頭でもお伝えした通り生前整理に伴い、仏壇を処分するという方が増えております。

 

その背景には昔と違い三世代が同居し、お仏壇を見守り続けるという生活スタイルが徐々に減っていき、核家族化高齢者の一人暮らし世帯が増えてきた影響が第一にあります。

 

生活スタイルの変化に伴い高齢者が生活する住居もだんだんと狭くなってきており大きなお仏壇がライフスタイルに合わなくなってきていることも原因の一つです。

 

また最近の新しい考え方として、『お仏壇は代々必ず継承していくもの』という考え方だったものが『できるだけ後の世代に手間を残したくない』という考え方に変化してきたことも影響しています。

 

このような理由から生前のうちに処分を考えている方が増えているというのも現状です。

 

今回ご利用いただいた A 様もそのような考えを持っていらっしゃる方で福岡にいる息子様と相談され今回仏壇を処分するという形をご決断されました。

 

また仏壇の処分を機会に、今流行の終活に取り組んでみようと思い立たれ、ご自身が住んでいるマンションの家財道具の整理、書類の整理、財産の管理などを行いながら不用品が溜まってきたタイミングと重なったため一緒に処分して欲しいというご依頼をいただきました。

 

本日行わせていただいたサービス内容と料金は以下の通りとなります

 

仏壇供養と処分サービス:41,800円

不用品回収(1t車詰め放題):9,900円

 

弊社は元来、仏壇の供養と処分を一番のウリとし長年の実績を重ねてまいりましたが不用品回収業者としての実績もあり遺品整理や生前整理に伴う不用品回収業務にも携わらせていただいております。

 

また、弊社サービスを使い仏壇の処分を行っていただいたお客様には不用品回収のサービス”トラックへの積み放題サービス”をお得な料金でご使用いただくことができます。

 

このサービスの組み合わせはA様のように生前整理を行っている方や遺品整理中の方にとっては一気に負担が解消されるためおかげ様で大変喜ばれているサービスといえます。

 

結果お部屋がかなりすっきりとしましたので様もかなりご満足いただいていただいいただいたようです」

 

お仏壇を『処分する』ということ

A 様もこれまで大切に扱ってきたお仏壇を処分するということについて初めはかなりの戸惑いがあったと語られております。

 

しかしお仏壇を処分するということは決して悪いことではなくご供養じまいという形で正式な方法が仏教にはございます。

 

ご供養じまいとはその名の通りしっかりと仏壇に対して供養を行い処分をするということです。

 

仏壇を処分する際はまずご位牌の中に宿っているご先祖様の魂を抜き取りご供養を行う魂抜きを行う必要があります。

 

魂抜きはお坊さんに読経を行っていただきながら進めてまいります。

 

魂抜きが終わった後はお仏壇と位牌はそのまま処分しても良い状態となります。

 

人によってはこれらを業者に預けて処分してもらったりご自身で粗大ごみに出したりして一般の家財道具同様処分を行っていきます。

 

ここまでがお仏壇を処分する際に必要な流れとなります。

 

仏壇の処分にかかる費用は大まかに3万円から5万円程度、業者を使う場合はプラス1万円から2万円程度の価格を想定していただければと思います。

 

今回ご利用いただいたお客様の場合、ご実家ということで近隣に檀家さんはあるのですが、最近は定期的な法要などは行なっておらず、また最後にお会いしてからかなり期間も経っているということで依頼は行わず我々と契約しているお坊さんをご自宅にお招きし供養を行っていただいた運びとなります。

生前整理の際の業者の選び方

ご自宅に仏壇がある現在生前整理や遺品整理を進めているという方には是非仏壇供養と処分の専門業者をご利用いただくことをお勧めしております。

 

おすすめする理由には以下のようなことがあります。

 

  • 供養から処分の期間が短く、時間的な制約を受けない
  • 供養の手続き、不用品の手続きなどは全て任すことができる
  • 親戚など人員を別に呼ぶ必要がない
  • 他の手続きや財産管理などに集中できる

などの特徴があります。

 

特に生前整理や遺品整理は非常に手間のかかる作業で全ての行程を完了するまでお一人で行った場合は数か月の期間を要することも珍しくありません。

 

そのような状態でお坊さんをご自宅に招く手続きをしたり、指定日に合わせて粗大ごみに出したりする作業を行うことはやる気がなくなってしまうきっかけになることも考えられます。

 

実際弊社のような仏壇回収業者の多くは仏壇の処分のタイミングである遺品整理生前整理に対応できるよう弊社のような不用品回収サービスを兼ね備えているところも多くあります実際に業者を選ぶとなるとどの業者を使ったらいいかということで悩まれる方もいらっしゃるかと思います業者を選ぶ際のポイントは以下の点に注意して行なってください。

 

  • 仏壇に対しての専門性のある業者
  • 不用品回収に対しての専門性がある業者
  • 時間に融通のきく業者
  • 作業に複数人数が必要な業者

 

仏壇の処分がメインとなるため仏壇に対しての専門性がある業者ということは当然ですが、不用品回収に際してかなり重要な点が仕分け作業をしっかりとできるかというポイントです。

 

不用品回収の知識がないと貴重な書類や価値のあるものの見分けがつかずに処分してしまう可能性が十分に考えられます。

 

業者を選ぶ際は不用品回収に対しての実績がしっかりとある業者を選んでください。

 

また不用品回収は時間との勝負でもあります。

 

皆様が希望している時間帯にしっかりとサービスに入れる業者を選ぶことで満足感は高まります。

 

我々のような仏壇の供養と処分の会社の中には規模の小さい会社もあります。

 

不用品回収で重要なのがどれぐらいの人員を作業に避けるかということになります。

 

この点を考慮するとやはりある程度の事業規模がありスタッフをしっかりと揃えている会社を選ぶことが重要でしょう。 

仏壇の供養と処分、不用品回収は一休まで

いかがだったでしょうか今回は生前整理に伴う仏壇の処分と不用品回収サービスをご利用になられたお客様を事例として紹介させていただきました。

 

生前整理や遺品整理はかなりの労力が使われる作業で少しのきっかけで億劫になってしまうことがあります。

我々としては仏壇の処分供養というものは本来ご先祖様への感謝の気持ちをお伝えしながら行うものですのでそういう風に感じてほしくがないというのが本音でございます。

 

今回の記事で説明させていただいたように不用品回収ができる業者と組み合わせる事によって作業はかなり効率的になります。

 

多少のコストはかかりますが是非業者を選択し、そして我々仏壇供養の一休を相見積もりに加えていただけると幸いです。