川越市で引越しに伴う仏壇供養をご希望の方は是非一休まで | お仏壇の処分・引取り・回収なら【仏壇供養の一休】大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・淡路島・和歌山

ブログ

2020.12.27現場

川越市で引越しに伴う仏壇供養をご希望の方は是非一休まで

お世話になっております。お仏壇供養の一休でございます。

本日は埼玉県川越市にお住いのお客様より引越しに伴うお仏壇供養のご依頼をいただき作業を完了いたしました。

今回は埼玉県内でのお引越しということで仏壇じまいと異なり、転居先での魂入れのご供養も必要となりました。

お仏壇のご供養じまいについては一般的に魂抜きというご供養が必要ということが一般的に知られておりますが、実は引っ越しの際にも魂抜きと魂入れという2つのご供養が必要となります。

今回は実際の事例をご紹介させていただきながら、引越しの際のお仏壇のご供養やお仏壇の引っ越しについてのお得な料金パックについてのご紹介をさせていただきます。

今回のサービス内容

今回提供させていただきましたサービスは以下のようになります。

お仏壇引越し(魂入れ、魂抜きの供養を含む):〇〇円

合計金額:〇〇円

となります。

本日ご依頼いただいたのは30代のお客様で「おばあちゃんが老人ホームに入居しているためお仏壇を運んでほしい」という内容でした。

お孫様はおばあ様と以前から同居されており、先月から老人ホームに移られているとのことでしたが、ご自宅からホームへの引っ越し作業の際にお仏壇をご供養する時間がなく残されているとのことでおばあさんのためにも早めに持っていきたいとのことでした。

おばあさまの居住している老人ホームは同じ川越市内ということで当社のお仏壇お引越しサービスをおすすめさせていただいた次第でございます。

お仏壇の引っ越しについての予備知識

お仏壇(ご位牌)は本来先祖代々の魂が宿る家のような役割を果たしますが、お引越しの際はご先祖様の魂が宿ったまま持ち運びを行うことは望ましくない行為であるといわれております。

お仏壇を移動する際は一旦お仏壇の中からご先祖様の魂を抜き出す『魂抜き』を行う必要があります。

またお引越しやお家の中で仏壇を移動した後は空になってしまったお仏壇に再び魂を入れなおす『魂入れ』を再度行う必要があります。

仏壇のご供養は寺院にお願いし、念仏を唱えていただきます。

ご供養をお願いする先は元来お家の法要を行っていただいている馴染みの寺院(檀家さん)や我々のような業者に依頼を行う方法もあります。

檀家さんにお願いできないケースとしては

①引っ越し先の家が遠方で檀家さんに来ていただくことが困難

②遺品整理の際など、ご自身の家の檀家さんがわからない

③檀家さんとやり取りする時間がない、遺品整理の際の時間がない

④檀家さんとやり取りをすると作法などにも気を付けないため気が引ける

などの事情で我々業者に頼まれることが多いかと思います。

今回の場合に関してはお孫様が一切の手続きを行っていただいたということで②の理由で我々までご相談いただいた経緯になります。

お仏壇の魂抜きが完了した後はお仏壇に傷がつかないように大切に養生し、運搬をさせていただきました。また魂抜きを行った後の仏壇は正位置での運搬を意識して行っており丁寧に運搬をさせていただきました。

関東圏内での仏壇お引越しには『仏壇引越し、移動サービス』がおすすめです

今回のように関東圏内(東京、千葉、神奈川、埼玉、山梨、茨城)でお引越しを検討されている場合は当社のコミコミパック、『仏壇引越し、移動サービス』をおすすめしております。

通常、お寺に供養をお願いした場合は引越し前、引っ越し後の魂抜きと魂入れのみとなるため引越し作業はご自身で行うか業者に頼む必要があります。

お仏壇の供養にかかるお布施の相場は20000円~60000円といわれていますがこちらはあくまで閉眼供養(お仏壇じまい)のみの相場ですので移動を伴う開眼供養と閉眼供養の両方を行う場合はこれよりも金額が高くなる可能性が高くなります。(お布施はあくまで感謝の気持ちになりますので相場は寺院によって異なります)

しかし『仏壇引越し、移動サービス』では閉眼供養、開眼供養、仏壇の移動に至るすべての行程がコミコミで50000円という価格で実施をさせて頂いております。

ご利用いただいたお孫様にも

『コミコミサービスで料金がわかりやすかったので非常にわかりやすく安心して依頼できたので良かったです。大事にしていた仏壇が届きおばあちゃんもよろこんでいます。』

と非常にうれしいお言葉をいただいております。

埼玉県川越市でお仏壇引越しをご検討の方は是非一休まで

いかがだったでしょうか。

今回の引越しではお客様がお持ちのものをそのまま運ばせていただきましたが、老人ホームにお引越しされる場合は小型でモダンな物にお買い換えを検討される方も多くいらっしゃいます。

お仏壇のお買い換えの際も今回ご紹介したように古いお仏壇から魂を抜く閉眼供養と新しいお仏壇に魂を入れる開眼供養の両方が必要となってきます。

我々一休では長年お仏壇の供養や処分に関するお仕事を承っております。今回ご紹介したお引越し以外にもお客様のニーズに合わせて様々なサービスを展開しておりますので川越市にお住まいでお悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。